注目の資格です|理学療法士の専門学校で手に職を身に付けよう

理学療法士の専門学校で手に職を身に付けよう

注目の資格です

鍼灸

専門学校で学ぶ

鍼灸師とははり師またはきゅう師の国家資格を持つ人のことをいいます。はり師ときゅう師はそれぞれ別の国家資格であり、鍼灸師という国家資格はないということは知っておくと良いでしょう。はり師及びきゅう師の国家資格は年に1度、毎年2月に行われます。筆記試験が行われ、科目ははり師ときゅう師に分かれています。はり師ときゅう師の試験を同時に受験することも可能です。国家試験を受けるためには、はり師及びきゅう師の養成課程がある専門学校などで所定の単位を取得する必要があります。このような専門学校ではオープンキャンパスを開催しているところが多く、参加してみると学校の様子や雰囲気などが分かるのでおススメです。また分からないことがあればその場で聞いてみるのも良いでしょう。

活躍する場は広いです

鍼やお灸を使ってツボを刺激し体の不調を治す鍼灸師に注目が集まっています。鍼灸師という資格はありませんが、はり師又はきゅう師の国家資格を持っている人を鍼灸師と呼んでいます。国家資格であるため試験を受けて合格する必要がありますが、晴れて資格を取得すると様々な現場で活躍できるのが鍼灸師の良いところです。美容鍼灸やエステサロンで働く人もいますし、フィットネスやスポーツ施設で活躍する鍼灸師も少なくありません。また様々な施設で経験や技術を磨いてから、独立開業する鍼灸師もいます。鍼やお灸を使って患者の体の不調を治す仕事であるため、患者とのコミュニケーション能力は欠かせません。治療目標を定め、それを患者と共有していくため根気よく付き合う必要があります。