理学療法士の専門学校で手に職を身に付けよう

視機能検査の専門家

目の検査

視能訓練士は視力や色覚などの視機能に係る各種検査、並びに視力回復訓練などを担当する専門職です。高校卒業後に指定された養成機関で3年以上学び、国家試験に合格すると資格が得られます。就職先は医療機関が中心となります。

もっと見る

自分に合った学校で学ぶ

ウーマン

養成学校の制度

理学療法士は、病気や事故で身体機能に障害を負った患者に対して、歩く、座る、立つといった基本的な機能の回復を手助けする仕事です。医師からの依頼により、患者に対して脳性麻痺、内部疾患、整形疾患など幅広い症例に対して療法を行います。義手や義足をつけて体を動かす訓練なども行います。そのため、医療に関する非常に幅広い知識と技術を要求されます。理学療法士になるには、国家資格を取得する必要があります。国家試験を受験するためには指定の養成課程のある大学、短大、専門学校で3年以上学ぶ必要があります。専門学校は3年制と4年制があり、夜間コースを開講しているところもあります。専門学校の学費は初年度で190万円ほどが相場です。2年次からは年間150万ほどになりますが、通常これ以外に実習費用がかかります。

養成学校で学ぶ内容とは

理学療法士の専門学校には3年制と4年制があります。3年制の場合、1年次は教養基礎科目、2年次に専門科目、3年次に臨床実習を行うのが大まかな学習のすすめかたになります。2年間で理学療法士に必要な専門知識を学び、3年次で実習をメインで行うことになります。4年制の専門学校では、1年次は教養基礎科目、2年次は専門基礎科目、3年次に専門科目を学び、4年次に実習を主として行います。そのため、3年制では学生も短期間に知識の習得を迫られ、4年制ではじっくり学ぶことができると言えます。また夜間のコースでも臨床実習は昼間に行います。日中に仕事をし、夜間に専門学校に通って学ぶ学生もいますが、1〜2か月ある実習期間は仕事を休まざるを得ませんので、そのあたりのやりくりも大切になってきます。

注目の資格です

鍼灸

きゅう師やはり師といった国家資格を持っている人は、鍼灸師と呼ばれています。それぞれの国家試験を受けるためには、養成課程がある専門学校などで所定の単位を取得する必要があります。またエステサロンやスポーツ施設など、鍼灸師が活躍できる場は広がっています。

もっと見る

看護学生向けの奨学金

レディ

病院奨学金制度は、看護専門学校などの学生を対象に病院がお金を貸与してくれる制度です。病院で一定の期間働くことで、奨学金返済を行うため、事実上学費をほとんど支払うことがなくなります。病院によって制度の条件は異なりますが、卒業生でも利用できることが多いので、あきらめずに検討してみましょう。

もっと見る